アニメ
PR

ブルーピリオドのユカちゃんのその後は大学?好きな人や女装をする理由も調べてみた

Emma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

数々のマンガ賞を受賞している、人気の漫画『ブルーピリオド』が、今さらに話題になっています!

2017年から講談社「月刊アフタヌーン」にて連載がはじまり、コミックスは最新第15巻まで好評発売中です。

2021年10月にテレビアニメ化、2022年3月に舞台化、さらに2024年8月には実写映画が公開される予定になっているので、ますます話題になっているんです。

この話題の漫画『ブルーピリオド』を調べていくと、中でも個性的な人気キャラクターのユカちゃん(鮎川 龍二 あゆかわ りゅうじ)について、ユカちゃんのその後は大学? 性別は男? 好きな人はいるの?など、気になることがたくさん話題にあがってきます。

そこで今回は、『ブルーピリオド』の内容や登場人物について、ユカちゃんのその後は大学? 性別は男? 好きな人はいるの? について調査していきたいと思います!

 

『ブルーピリオド』について

それでは話題の漫画『ブルーピリオド』の内容や登場人物についてを調査していきましょう。

 

『ブルーピリオド』内容は?

高校2年生の矢口八虎(やぐちやとら)は、学校では常に成績トップクラスなのに、友人たちと朝まで遊び歩くなど充実した高校生活を送っている不良優等生。

何でもそつなくこなすことができるからこそ、八虎は人生における目標を見いだせずにいましたが、ある日先輩が描いた一枚の絵に心を動かされ、美術の世界に足を踏み入れます。

八虎は美術部に入部し絵を描くようになり、やがて最難関の東京藝大油画科入学を目指して、本格的に勉強を始めていくことになります。

美大受験の予備校へ通い始め、個性溢れる受験生たちと出会いや、入学試験での苦悩、東京藝術大学の学生として美術を学んでいく姿が描かれた青春群像劇になっています!

 

『ブルーピリオド』登場人物は?

『ブルーピリオド』の登場人物は、魅力あふれる個性豊かなキャラクターばかりです。

八虎と共に美術の頂点を目指す主要な登場人物を紹介していきます。

主人公 矢口八虎(ヤグチ ヤトラ)・・・高校2年生(物語開始時)。一枚の絵との出会いをきっかけに、日本最難関の東京藝術大学の油画専攻を志し美大専門の予備校に通い始めます。

鮎川龍二(アユカワ リュウジ)・・・八虎を美術部に招き入れた友人、美術部所属の高校2年生(物語開始時)。ロングヘアにスカート姿で登校する女装男子で、鮎川のまん中を取って「ユカちゃん」と呼ばれています。東京藝大の日本画専攻を志望し、八虎と同じ予備校に通います。

高橋世田介(タカハシ ヨタスケ)・・・予備校で出会った天才少年で、他人とのコミュニケーションが苦手です。

橋田 悠(ハシダ ハルカ)・・・世田介と同じ高校の同級生で、八虎と予備校で出会った関西弁の人懐っこい青年です。

桑名マキ(クワナ マキ)・・・予備校で出会った少女で、両親と姉、家族全員が東京藝大出身という環境で育ちました。

佐伯先生・・・八虎の通う高校の美術部顧問。穏やかな物腰で部員たちからの信頼も厚い初老の女性。

森先輩・・・八虎のひとつ年上の先輩で美術部の部長をしており、八虎が絵に興味を持つきっかけになった絵を描いた人物です。

大葉(オオバ)・・・八虎たちが通う美術予備校の講師で、身体と声が大きく、八虎の成長に大きな影響を与えた一人です。

その他にも、学校の美術部、美大専門の予備校など、数々の個性溢れる登場人物たちと出会います。

 

『ブルーピリオド』ユカちゃんについて

『ブルーピリオド』の登場人物の中でも、ロングヘアにスカート姿がとても個性的で、ひときわ気になる存在のユカちゃんについて調査していきたいと思います!

 

ユカちゃんのその後は大学?

ユカちゃんの第一志望校は東京藝大の日本画科で、八虎とともに美大専門の予備校に通い始めました。

ユカちゃんは女装趣味のために両親との仲が険悪でしたが、祖母だけは彼の味方で、祖母が日本画を描いていたという理由で日本画を専攻してきましたが、受験勉強を始めると描くことが辛くなり進路について悩む中、服飾の世界に興味を持つようになりました。

しかし、祖母を裏切ることができず、藝大の日本画専攻を受験する決心をしましたが、一次試験当日、ユカちゃんは画用紙にバツ印だけを描き、途中で試験を棄権してしまいます。

その後は、「BAR ひげ娘」というBARで働きながら、服飾関係の学校を目指す決意をします。

藝大編では、文化祭でユカちゃんの元気な姿が描かれていて、服飾デザイナーとして徐々に成功を収めはじめます。

やまこ
やまこ
夢に向かってがんばってるのね!
りと
りと
服飾デザイナーなんて素敵!

 

ユカちゃんの性別は男?好きな人はいるの?

ユカちゃんは可愛らしいロングヘアで、制服の上は学ラン、下はスカートという外見で、クラスメイトたちが「ユカちゃん」と呼んでいるので、男性なのか女性なのか、疑問に思う人も多いと思います。

ユカちゃんは、性別は男性ですが、心は女性です。

ユカちゃんが女装している理由は、自分らしく、自分が好きなもの良いと思うものを大事にしたいとの考えで、女装しているのではないでしょうか。

好きな人について調べてみると、ストーリーの中で大学受験の為に通った美術予備校で、2人の男の子に恋をし告白しますが、うまくいきませんでした。

しかし、実はユカちゃんには中学時代からずっと好きな女の子がいたことが発覚します。

結論、ユカちゃんはトランスジェンダーであり、男の子も女の子も恋愛対象のようです!

やまこ
やまこ
絵を書いている時のユカちゃんはエプロンを着用して髪の毛もツインテールにしてるんだって!
りと
りと
とても男性には見えないかわいいルックスよね!

 

『ブルーピリオド』まとめ

『ブルーピリオド』の内容や登場人物について、ユカちゃんのその後は大学? 性別は男? 好きな人はいるの? について調査してきました。

人気の漫画『ブルーピリオド』は、美大入学を目指す高校生たちの青春ストーリーで、魅力あふれる個性豊かなキャラクターが数多く登場する作品だとわかりました。

中でも、ロングヘアにスカート姿がとても個性的で、ひときわ気になる存在のユカちゃんその後は大学に進学せず、服飾デザイナーになり活躍し始めていること、性別は男性ですが、心は女性の女装男子であること、好きな人は男の子も女の子も恋愛対象のトランスジェンダーであることがわかりました!

漫画『ブルーピリオド』は、今までにテレビアニメ化、舞台化されていて、さらに2024年8月には実写映画が公開される予定になっているので、今ますます話題になっています!

この『ブルーピリオド』 気になったら是非、読んでみてください!

ABOUT ME
記事URLをコピーしました