ネタバレ
PR

nocebo映画のネタバレ!ダイアナの正体は家政婦じゃない?

映画 ネタバレ ダイアナ 正体 結末 ラスト
test
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では「nocebo映画のネタバレ!ダイアナの正体は家政婦じゃない?」と題して、映画『nocebo』の衝撃的な結末に迫ります!

ダイアナが持つ秘密とは何か?

一見普通の家政婦と思われていたその正体に隠された真実が、物語にどんな影響を与えるのか、詳しく解説します。

ダイアナの正体が明かされる瞬間に、あなたはきっと息を呑むことでしょう。

この記事を読んで映画の全貌を知り、その背景に隠された意味をひも解いていきましょう。

 

『nocebo』のあらすじ


ファッションデザイナーのクリスティーン(エヴァ・グリーン)は、夫フェリックス(マーク・ストロング)と娘ボブス(ビリー・ガズドン)とともに穏やかな生活を楽しんでいた。

ある日、クリスティーンは仕事中にダニに寄生された犬の幻影に襲われ、それが原因不明の体調不良を引き起こし始めた。

それから8ヶ月後、犬の幻影が相変わらず彼女の生活に支障をきたしていた。

そこへ、ダイアナと名乗るフィリピン人の家政婦が現れ、彼女は伝統的な民間療法でクリスティーンの治療を行った。

怪しげな治療方法だったため、最初はダイアナに対し疑念を抱くクリスティーンだが、ダイアナの治療により症状が改善し始めたことにより、2人は信頼関係を築いていく。

しかし、クリスティーンが民間療法に没頭する中で、一家を襲う驚愕の悪夢が始まっているのだった–

 

『nocebo』の感想と評価

ただの魔術系ホラーではない

クリスティーンは突如として襲いかかる未知の病魔に見舞われ、物語が進むにつれてその原因が彼女自身にあることに気づく過程が描かれます。

物語冒頭では全容がはっきりと示されませんが、クリスティーンの過去とのかかわりが次第に浮かび上がり、最終的には一種の罰ともとれる恐怖の体験が彼女を襲います。

衝撃の結末まで、クリスティーンの夫のフェリックスのように観る者もダイアナに疑念を抱きながらも、次々と起こるホラー現象と物語の展開に引き込まれていきます。

クリスティーンが物語中で経験する恐怖は超常的な力によるものではありますが、行動の結果として受ける報復のような状況は現実の世界でも起こっており、物語の「怖さ」や「不気味さ」をより引き立てています。

物語の結末は、観た者に一種の後味の悪さを与え、普遍的な問題に対する深いメッセージ性が感じ取れます。

 

X(twitter)の反応

それでは映画『nocebo』に対するX(twitter)での反応を見てみましょう

 

ただの家政婦じゃない?ダイアナの謎

クリスティンを救うダイアナ

クリスティンがダニに噛まれ、その症状で生活がますます困難になっていく中、アジア系の女性ダイアナ(チャイ・ブォナシェ)が家政婦として現れます。

 

ダイアナがスーツケースから取り出したものは、通常の家政婦が持ち歩くものとは異なり、

怪しげな魔術道具に見えるものでした。

彼女はクリスティンの病気の原因となったダニを見つけ、マッチ箱の中に捕らえ、スーツケースに収めました。

そして、部屋の暖炉に祭壇を作り、その灰を用いて目に見えない子供の霊と交信する儀式を執り行いました。

 

ダイアナに疑いの目を向ける夫

夫のフェリックスは、ダイアナの来訪に疑念を抱きつつも、夕食中にクリスティンが突如として襲われ、倒れ込む場面に遭遇します。

ダイアナが手をかざすと、クリスティンの痛みが不思議なほど消えて驚くのでした。

 

ダイアナの治療法を信じることを決めたクリスティンは、徐々に体調が改善し、涙を流して感謝の意を表します。

すると、ダイアナは自身の秘密を明かし始めます。

 

彼女は超自然的な力を持っており、幼い頃に魔術師の老婆オンゴ(アンジー・フェロ)から受け継いだと語ったのです。

老婆の手から出た黒いひよこを飲み込む儀式「去」によって、ダイアナはその力を受け継いだと説明し、魔女として祖国から追放されたと話しました。

 

『nocebo』衝撃の結末をネタバレで紹介

ダイアナの告白

最後の儀式では、ダイアナが衝撃の事実を告白します。

それはダイアナがクリスティンを治療しているのではなく、罰を与えているということでした。

ダイアナは、かつてクリスティンの卑劣な行為によって大切な娘の命を奪われた女性でした。

彼女はフィリピンの縫製工場で働いており、そこでは奴隷のように安い賃金で作業をさせられていました。

 

許せないあの日のこと

その日、ダイアナは、1日だけ娘を工場に連れて行きました。

そこへやってきたクリスティーンは従業員に対し横柄な態度をとり、工場長に工場の出口に鍵をかけるように伝えたのです。

それは低賃金で雇われている従業員が窃盗をしかねないと考えての進言でした。

酷暑が続く中、出口が閉ざされた工場内では、気温がどんどんと上昇していました。

ついには、扇風機が火花を散らし、火災が起こってしまいます。

 

従業員は必死に火の手から逃れようと逃げまどいましたが、クリスティーンの進言によって閉ざされた出口を開けることはできませんでした。

その時ダイアナは、娘の飲み物を買いに行くために工場の外にいたため自分自身が被害を受けることはありませんでしたが、縫製工場に残した娘と他の従業員たちは全員その火の海に飲まれて亡くなってしまったのです。

自分の娘の亡骸を観たダイアナは、クリスティーンに復讐すると誓い、犬の亡霊を使ってダニの呪いをかけたのでした。

これがクリスティーンを悩ませ続けた不調の正体であり、すべてはダイアナが仕掛けたものでした。

全てを語り終えたダイアナは、命乞いをするクリスティーンにあの日と同じ火の海を体感させます。

クリスティーンは彼女に必死に許しを請いましたが、彼女はクリスティーンのことをダニのような人間だと罵り、火の手を止めませんでした。

衝撃の最後の儀式を終えた後、彼女はクリスティンの娘であるボブスの目の前で屋根から飛び降り、自殺をします。

その後ダイアナの口から出てきた黒いひよこがボブスの中に入り彼女はオンゴ(魔術師)となります。

その後クリスティンは、帰宅した夫のフェリックスによって、ミシンのそばで焼死体で発見されました。

一方ダイアナの魂は、彼女の帰りを待っている夫のもとに別れを告げに行きます。

物語の最後には幼いオンゴとなったボブスが森でハーブを集めるシーンで終わります。

 

まとめ


映画「nocebo」は、驚愕とスリルに満ちたホラー映画です。

クリスティーンというファッションデザイナーが原因不明の病気に苦しむ中、ダイアナというフィリピン人の家政婦が現れ、伝統的な民間療法で治療を始めるという展開です。

クリスティーンが民間療法に没頭する中で、物語は不気味で予測不能な展開を見せ、現実と幻想が交錯する緊迫感が漂っています。

エヴァ・グリーン演じるクリスティーンとダイアナの関係や心の葛藤が、観客を引き込む要素となっているのでしょう。

驚きと興奮が交錯するこの映画は、衝撃の結末まで存分に楽しめるおすすめ作品となっています。

「nocebo映画のラスト結末のネタバレ!ダイアナの正体は家政婦じゃない?」をお届けしました。

この機会にぜひ一度、映画『nocebo』を観てみてください。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました