トレンド

びっくらたまごの最新2022年の見分け方は?11桁の番号が変わったしシリアルナンバーもなくなったって本当?

びっくらたまごの最新2022年の見分け方は?11桁の番号が変わったしシリアルナンバーもなくなったって本当?

2022年になってびっくらたまごの見分け方が変わったのをご存じですか?

パッケージ裏にあった10桁の番号から、中身を見抜く裏ワザがありました。

しかし2022年現在、そのシリアルナンバーが10桁から11桁に変わってしまい「シリアルナンバーがなくなった?」「見分け方が変わった!」と話題なのです!

 

「できるだけ中身がかぶらないように、びっくらたまごを買いたい!」

「どうしても好きなキャラクターを当てたい!」

と思っている方々はどう変わったのか気になりますよね。

 

この記事では、びっくらたまごの最新2022年版の見分け方がどう変わったのかを調査してご紹介していきます。

興味がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

びっくらたまご2022年版はどこが変わった?

(株)バンダイさんから出ているバスボール、「びっくら?たまご」シリーズ。

お風呂嫌いのお子さんをお風呂へ誘う、伝家の宝刀的おもちゃですよね!

 

そんな子どもたちが大好きなびっくらたまごですが、なんと中身を見分けられる裏ワザが存在していました

中身を見極めてお子さんを喜ばせたいパパママたちにとっては、とても便利でありがたかったのです。

 

しかしその裏ワザが最近になって通用しなくなってきてしまいました

一体どこが変わったのでしょうか?

 

11桁の番号に変わった?シリアルナンバーなくなったの?

2022年最新版のびっくらたまごでは、パッケージ裏のシリアルナンバーが10桁から11桁に変わっています

シリアルナンバー自体がなくなってしまったわけではないようです!

 

今回、試しにポケモンのびっくらたまごを購入してみました!

 

パッケージ裏の数字がこちらです。

パッケージの右下部分、バーコードよりも上に薄いグレーで印字されている数字の羅列があります。

※バーコード下の数字や四角で囲まれた数字ではありません!

 

番号は「20312637819」と、11桁になっていますね!

 

2021年以前のびっくらたまごのシリアルナンバー部分を写している方の画像を見ると・・・

 

見にくいですがよく見ると、10桁になっています。

 

やはり、このシリアルナンバー部分が変更になったようですね!

 

2021年以前版びっくらたまごの見分け方

ここで、以前のびっくらたまごの見分け方もご紹介しておきますね!

 

確認するのは、10桁のシリアルナンバーの5桁目、つまり右から5番目の数字です。

この数字が、中身の種類番号と一致するのです!

 

たとえば・・・

  1. ピカチュウ
  2. イーブイ
  3. ヒトカゲ
  4. ゼニガメ
  5. フシギダネ

シリアルナンバー「8795342134」

というポケモンのびっくらたまごがあるとします。

 

「8795342134」

シリアルナンバーの5桁目に注目すると「4」ですよね。

つまり、このびっくらたまごには④のゼニガメが入っている!というカラクリなのです。

 

とても簡単ですよね!

この方法を理解していれば、チラッと裏を見るだけで中身がわかるのでとても便利です。

 

シリアルナンバーが10桁のバージョンも、売り場にはまだまだたくさんあります。

お目当てのびっくらたまごが10桁の場合は、こちらの見分け方を使ってみてくださいね♪

 

びっくらたまご2022年版の見分け方とは?

 

最新の見分け方は、ズバリ「引き算」をすると導き出せるようなのです。

その引き算の式というのは、『右端2桁 – 左から4、5番目の2桁』です。

文字だけだと少しわかりにくいので、例を用いて詳しくご説明しますね!

 

びっくらたまご2022年版は引き算で見分ける!

引き算の式は『右端2桁 – 左から4、5番目の2桁』。

11桁のシリアルナンバーのうち、この2桁ずつを取り出し引き算します。

 

今回筆者が購入したびっくらたまごのシリアルナンバーはこちらでした。

「20312637819」

 

こちらの右端2桁と左から4、5番目の2桁が赤字の部分です。

20312637819

 

つまり、『右端2桁 – 左から4、5番目の2桁』すると

『19 – 12』=7となります。

 

パッケージの種類一覧と出てきたキャラクターがこちらになります。

 

  1. ピカチュウ
  2. フシギダネ
  3. ヒトカゲ
  4. ゼニガメ
  5. イーブイ
  6. サンダース
  7. シャワーズ
  8. ブースター

出てきたキャラクターは「⑦シャワーズ」でした!

 

たしかに法則に当てはまっていますよね。

 

筆者が試したポケモンのびっくらたまご以外にも、鬼滅の刃シリーズのびっくらたまごでも同じ法則で出ている方がいましたよ!

 

 

他のシリアルナンバーも確認してみた!

購入したびっくらたまごの売り場で、他のパッケージのシリアルナンバーも確認して比べてみました!

 

数字はこんな感じでしたよ。

  • 20312637819 (筆者購入分)
  • 20309637610
  • 20310637813
  • 20309637811

同じ数字になっている部分を太字にしてみました。

こうしてみると、やっぱり左から4,5番目の2桁が浮きあがって見えます。

法則があるように感じますよね!

 

それぞれを式に当てはめてみると、このようになりました。

  • 20312637819 19-12=7 シャワーズ
  • 20309637610 10-09=1 ピカチュウ
  • 20310637813 13-10=3 ヒトカゲ
  • 20309637811 11-09=2 フシギダネ

 

シャワーズ以外は購入していないので実際はわかりませんが、引き算後の数字もばらけていて十分ありえる内容に思えます!

 

びっくらたまごの見分け方が変更になったばかりで、この方法を試している人はまだまだ少ないようです。

確実にこの引き算の方法で見分けられると断言はできませんが、知っておいてもらえるとお役に立てるかもしれません♪

 

まとめ

この記事では2022年版のびっくらたまごの見分け方についてご紹介しました!

いかがでしたか?

シリアルナンバーがなくなったわけではありませんが、10桁から11桁の番号に変わったようですね。

11桁シリアルナンバーの場合の見分け方は、『右端2桁 – 左から4、5番目の2桁』で番号の引き算をするとお目当てのキャラクターが当たるかもしれません!

お子さんの喜ぶ顔を見るために、今回のびっくらたまご2022年版見分け方がお役に立てると嬉しいです♪

ぜひ試してみてくださいね!