エンタメ

竜とそばかすの姫はしのぶくんと付き合う?どっちとくっつくのかについても考察

2021年に公開された細田守監督の最新映画「竜とそばかすの姫」。

インターネット上の仮想世界<U>と現実の世界が交差しながら描かれるストーリーに、ついのめり込んで観てしまいます!

 

そんな竜とそばかすの姫ですが、主人公すずの恋愛模様も気になるところですよね♪

「すずはしのぶくんと付き合うの?」「そもそも竜としのぶくんどっちとくっつくの?!」などなど。

この記事では、すずが竜としのぶくんのどちらが好きなのか?や、しのぶくんの「付き合う」発言についてネタバレありで考察していきます!

興味がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

 

竜とそばかすの姫すずはしのぶくんと付き合う?

映画のラスト時点では、恋愛でいうところの「付き合う」関係まで至れていないと思います。

ですが、その後の未来で付き合う関係となる可能性を秘めていると感じます!

 

主人公のすずは幼なじみのしのぶくんに恋愛感情を持っているようでしたね。

おそらく幼い頃からずっと、でしょうか。

すずはどちらかというと自分に自信がなく内気な性格ですが、しのぶくんはクールながらもイケメンで学校の人気者。

「しのぶくんのことが好きだけど、私なんかが付き合ってはいけない」と常に思っているようでしたね。

 

またすずは明るくてかわいい友達のルカちゃんとしのぶくんがとてもお似合いだと思っていました。

すずはルカちゃんも当然しのぶくんのことが好きだと思い込んでいたので、ルカちゃんから別の人を好きだと打ち明けられたときについ「しのぶくんが好き」と本音を漏らしてしまいます。

 

その他に頬を赤らめる描写があることからも、すずがしのぶくんに対して恋愛感情を持っていたことは間違いないですね!

 

しかししのぶくんの方はどうなのでしょうか?

 

しのぶくんの「付き合う」発言の真意

映画ラストシーンでしのぶくんが言った、「守るんじゃなくて、これからは普通に付き合える気がする。前からそうしたかったんだ」という言葉。

実は対等という意味で「普通に付き合う」と言ったのではないでしょうか。

 

この言葉を恋愛の意味でとると、「すずと付き合いたい。前から付き合いたかった」ということに思えますよね。

実際にそう感じている視聴者も多くいるようです!

 

 

しかし本当は、「守る・守られるという関係ではなく、これからは対等な友達として付き合っていきたい」という意味でしのぶくんは言ったのではないでしょうか?

 

しのぶくんのすずへの気持ち

しのぶくんはすずの母親の代わりという気持ちで、ずっとすずを見守ってきたのです。

 

しのぶくんは、幼い頃にすずが母親を亡くしたときに一緒にいました。

また幼いすずが母を亡くした川に入ろうとしたとき、止めたのもしのぶくんでした。

そんなすずに「すずは俺が守る」と声をかけるシーンもありました。

 

すずはそのプロポーズのような言葉もあり恋に落ちてしまったわけですが、しのぶくんは「亡くなってしまった母の代わりに」すずを守ろうと思っていたのかもしれません。

恋愛感情ではなく、親のような気持ちですずのことを長い間見守っていたのです。

 

竜との関わりや虐待を受ける兄弟を助け出す行動などからすずの成長を感じ、もう見守る必要はなくなったとしのぶくんは思ったのかもしれませんね。

 

よって、映画ラスト時点では両想いとは言えない状況だと考察します。

しかし対等な関係となったあと、これまで見守りに徹していたしのぶくんがすずへの気持ちに気付くということはありえそうです!

 

すずの親友であるヒロちゃんしかベルのオリジンがすずであることを知らない状況で、しのぶくんは「すずはベルだろ」と言い当てていました。

歌声だけで言い当てるなんて、ただ親のような気持ちで見守っていただけでできることでしょうか?

しのぶくんも自分で気づいていない、すずへの気持ちがあるのかもしれませんよね!

 

二人が付き合う未来があったら素敵ですよね♪

 

竜とそばかすの姫すずはどっちとくっつく?

 

すずが「竜」と「しのぶくん」のどちらとくっつくかというと、可能性が高いのはもちろん「しのぶくん」です!

理由は前述の通り、すずはしのぶくんのことが幼い頃から恋愛感情で好きだからです。

 

ただ劇中では竜との関わりがメインで描かれており、竜とすずのAsであるベルが心を通わせていく展開が「美女と野獣」そっくりなので、二人のラブストーリーのように思わされるのです。

 

 

ですが、竜とそばかすの姫は「竜とベルの恋愛物語」ではないと筆者は考えます。

 

すずは竜のことが好き?

すずは竜に対して恋愛感情があるわけではないと思います。

どちらかというと、「助けたい、力になりたい、放っておけない」という母性本能のような感情に近いのではないでしょうか。

 

竜は強い暴力性を秘めていますが、優しさも同時に持ち合わせています。

竜のオリジンである14歳の少年けいくんは、父親からの虐待を受けながらも、その暴力から弟を守ろうと必死で生きていました。

そんな内面や境遇が竜となって表れ、すずはなんとなく通ずるものを感じたのではないでしょうか?

 

すずも幼い頃に大好きだった母親を目の前で亡くし、人前で歌えなくなり内気な性格になっていきました。

同じく辛い思いをしているであろう竜を「助けたい」気持ちで、寄り添い心を通わせていったのだと思います。

 

その過程がまるでラブストーリーですが、竜とベル、けいくんとすずはお互いに恋愛感情があるわけではないのでしょうね。

 

まとめ

この記事では「竜とそばかすの姫」の恋愛模様についてお伝えしました!

しのぶくんとすずが付き合うのか、竜としのぶくんのどっちとくっつくのかについて考察してみましたよ。

筆者の考察としては、すずはしのぶくんのことを恋愛の意味で「好き」なので、どっちとくっつくかといえばしのぶくんだと思っています。

ただししのぶくんの「付き合う」発言は、友達のような対等関係で「付き合う」という意味だと思いますので、二人が恋愛として付き合うのはもう少し先かもしれませんね!

「竜とそばかすの姫」は恋愛模様について断定的に描かれていない部分があるので、どう感じるかは人それぞれです。

もう一度「竜とそばかすの姫」を見直したときに、また違う視点で楽しんでみると良いかもしれません♪

竜とそばかすの姫はディズニーのパクリなのか気になる方は、こちらからご覧くださいね!