映画

この子は邪悪のキャスト相関図を年齢順に一覧にして紹介

この子は邪悪 相関図 キャスト 一覧 年齢

映画「この子は邪悪」が、2022年9月1日に公開されました。

タイトルを見るとちょっと怖い感じもしますが…いったいどんな映画なのでしょう?

気になるキャスト相関図を年齢順の一覧にしてみようと思います!

 

ある家族が交通事故に遭い、そこから奇妙な物語が始まります。

母親は本物なのか?妹は?この一家に隠された真実とは?

 

一見するとホラー映画なのかなと思ってしまいますが、実は謎解きサスペンスです。

演じるのは注目の若手女優、南沙良さんとなにわ男子の大西流星さん。

今回は、映画「この子は邪悪」のキャスト相関図を年齢順の一覧にして詳しくご紹介します。

それでは見ていきましょう!

 

「この子は邪悪」のあらすじ


心理療法室を営む医師の窪司朗。

家族で行った遊園地の帰り、トラックに追突され交通事故に遭います。

父の司朗は足が不自由になり、母の繭子は植物状態に、妹の月は顔に火傷を負ってしまいました。

姉の花は軽傷で済んだものの、事故のせいで心に大きな傷を抱えながら過ごしています。

ある日花は、診療室の庭で自分の母親の病気について調べている四井純という少年と出会います。

次第に仲良くなっていく花と純。

そんな中、司朗が5年ぶりに目を覚ましたという母の繭子を連れて家に帰ってきました。

久しぶりの一家団らんに喜ぶ司朗ですが、花は母親に違和感を覚えます。

純とともに真相を探る花。

果たして真実は…?

 

「この子は邪悪」の相関図を年齢順一覧で紹介

 

主要な登場人物を、年齢の若い順から一覧表にしてみました!

花は純と同じ年齢のようです。

窪 月(くぼ るな) 花の妹。事故当時は5歳。顔に火傷を負ったため白い仮面をかぶっている。
窪 花(くぼ はな) 主人公の少女。事故の際、自分だけが軽傷だったので負い目を感じ心に深い傷を負っている。学校にも行けない状態。
四井 純(よつい じゅん) 花と出会い心を通わせていく16歳の高校生。心神喪失の母と、無口な祖母とともに暮らす。
窪 繭子(くぼ まゆこ) 5年前の交通事故で植物状態に。意識を取り戻し帰ってくる。
窪 司朗(くぼ しろう) 心理療法士。月と花の父で、とても家族思い。

 

「この子は邪悪」のキャストをもっと詳しく!

では、それぞれの配役を見ていきましょう。

俳優さんたちの素顔にも迫っていきたいと思います!

 

窪 花(くぼ はな)役:南沙良さん

2002年6月11日生まれ/東京都出身

2014年からモデルとして活動を始め、2017年8月公開の映画「幼な子われらに生まれ」で女優デビューしました。

以降、「ドラゴン桜」「鎌倉殿の13人」など数々のドラマにひっぱりだこの女優さんです。

趣味は読書!辻村深月さんの『凍りのくじら』と吉本ばななさんの『キッチン』が特にお好きだそうです。

意外な趣味に仏像鑑賞があり、お気に入りの仏像は三十三間堂の迦楼羅王像。通ですね!

今回の映画「この子は邪悪」で、窪花役をどのように演じられたのでしょうか?

私は役を演じる時、役の中に自分と似ている部分、共通点を探しながら演じています。

共通点がない場合でも台本を読んだ時に“その気持ちがわかる”みたいな部分を見つけながら演じていくんです。

【花】の場合、理解出来る部分が少なかったのですが、私がもし同じ立場だとしたら【花】と同じように動くと思うんです。

私も不信に思ったら調べてしまうと思います、誰でもそうですよね(笑)

「otocoto」インタビュー記事より

南沙良さんの演技も見どころですね!

 

四井 純(よつい じゅん)役:大西流星さん

2001年8月7日生まれ/兵庫県出身 「なにわ男子」のメンバー

2021年になにわ男子としてCDデビュー。

ドラマ「夢中さ、きみに。」や「彼女、お借りします」などで主演を務めるなど俳優としても活躍しています。

特技は「自撮り」!照明やカメラの角度などを研究していて、その腕前はプロ級だそうです。

また、猫が大好きで「猫中毒」とも呼ばれているとか。

愛猫は「トキ」という名のオスのスコティッシュフォールドだそうです!

この映画では、ご自身が演じた四井純をどのように捉えられていたのでしょうか。

自分に似ている部分がない役柄は初挑戦でした。

名前のとおり純粋な子で、年齢は16歳ですが大人っぽくて、尊敬してしまうくらい真っ直ぐで正義感がある。

思い立ったら即行動してしまうがゆえの危うさもあるのですが、お母さんを助けたい一心で行動しているんですよね。

お母さんへの愛が原動力になっている。

生半可な気持ちで原因を探っているわけではないんだ、という強い思いを感じました。

Drama&Movie by ORICON NEWSより

役柄に真剣に向き合って演技された様子が伝わってきますね!

 

窪 繭子(くぼ まゆこ)役:桜井ユキさん

1987年2月10日生まれ/福岡県出身

2011年に女優としてデビューし、その後「新宿スワン」「リアル鬼ごっこ」などの映画に出演されています。

最近ではドラマ「真犯人フラグ」での怪演が話題となりましたね。

ピアノやサックスの演奏が趣味という桜井さん、作中ではピアノの演奏シーンもあるのかな?

今回の作品では、次のことを意識しながら演じられたそうです。

私にとって今まで出演したことのないジャンルでのお芝居で、大きな挑戦ではありました。

かと言って、今までの作品のお芝居と大きく変えてしまうと、茶番になりかねないと思ったので、作品に漂う得体の知れない空気感は大切にしながら、お芝居のトーンを意識しました。

何回か変化していく役なのですが、その過程でこの人は一体どうしたんだろうと不自然に思われるようにはしたくないと思いました。

STARDUST WEBインタビューより

桜井ユキさんが演じる母の繭子、気になりますね!

 

窪 司朗(くぼ しろう)役:玉木宏さん

1980年1月14日生まれ/愛知県出身

1998年に俳優デビュー。

映画「ウォーターボーイズ」、ドラマ「のだめカンタービレ」、「極主夫道」など多数の話題作に出演されています。

他にも大河ドラマなどをはじめ数々の時代劇にも出演し、NHKの朝ドラ「あさが来た」では助演男優賞を受賞するなど、実力派の俳優さんです。

カメラが趣味で、ジュエリーブランドTASAKIにおいて写真展を数回開催されています。

相当な腕前のようですね!

共演者は玉木さんをどう思っているのでしょうか?

主演の南沙良さんがインタビューでこのように話されています。

台本の段階から、この父親を演じる玉木さんのお芝居がすごく楽しみで、ワクワクしていました。

実際に目の前でお芝居を見て、流れる空気がどんどん不穏になっていき…。

先の展開を知っているのに、背筋が凍る感じがしました。

MOVIE WALKER PRESSより

相当怖い演技をされたようですね…。

一方で玉木さんご本人は「私が演じたのは何の変哲もない、妻や子供、家族に対し愛情深い男です」と語っています。

玉木さんがどんな演技をされているのか、楽しみになるコメントですね!

 

まとめ

今回は、映画「この子は邪悪」のキャスト相関図を年齢順で一覧にしてみました。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと怖い雰囲気の映画ですが、この一家に隠された真実の行方がとても気になります。

 

そして今回はさらに、キャスト相関図を一覧にして年齢順に詳しくご紹介しました!

ご紹介した俳優の方々がどのような演技をするのか、とても楽しみですよね。

この秋公開の「この子は邪悪」、俳優さんたちの熱演ぶりにも注目の映画です!